テーマ:ミステリー

<生贄を抱く夜>を読む

生贄を抱く夜 西澤保彦著 講談社刊 チョーモンインシリーズ最新刊です。 待って待って待って待ってようやく出たと思ったら、短編集でした。 う~ん、本編忘れちゃいそうなんで、ここらで出してもらえると大変よろしいんですが、そうもいかないようです。 それにしても、神麻嗣子いるところ、つねに食べ物の影がありって、チョーモンインとしてち…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ミステリー<密室の鎮魂歌>を読む

密室の鎮魂歌 岸田るり子著 東京創元社刊 第14回鮎川哲也賞受賞作です。 <鬼に捧げる夜想曲>と同時受賞をしたそうで、ちょうどあわせて図書館で借りられたので両方一度に読めました。 こちらは現代ものです。読み進めながらいったい誰が謎を解いてくれるのかしらと思ってたら、主役の女性が最後の最後でようやく謎解きしてくれました。主役…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ミステリー<鬼に捧げる夜想曲>を読む

鬼に捧げる夜想曲 神津慶次朗著 東京創元社刊 第14回鮎川哲也賞受賞作だそうです。 戦後まもなくの時代設定っていうのが結構多いですよね、ミステリーって。 著者の方はまだお若い方のようで、それを踏まえたうえでも結構がんばって書かれてるんじゃないかとは思います。 でも最後の章、あれはいわゆるお遊びってことになるのかな。 話…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

<八つ墓村>を観る

稲垣金田一第2段ですね。 初めて金田一耕助シリーズを読んでから人生半分過ぎてしまいました。 なので映像化したものもわりと観ている方だとは思います。 前回春にやった犬神家の一族はなんかいまいち記憶に残ってないんですけど、色々違ったなあってことだけは印象に残ってます。間違ってないけど、微妙だなあそれは、とかね。 なので今回もたぶ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ミステリー<ミミズクとオリーブ>を読む

ミミズクとオリーブ 芦原すなお著 文藝春秋 最近東京創元社で文庫化してますが、私は図書館で借りたので親本の文春のハードカバーで読みました。 この話は安楽椅子探偵モノの短編連作集ってのになるんでしょうね。 語り手は作家であるだんな様、探偵役はその妻。だんなさまの友達の刑事が持ってくる事件を妻が解いていく話ですね。 語り口が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more