<ブレイブストーリー>を観る

平和島シネサンシャインで観ました。 宮部みゆきの小説をアニメ映画化したものです。 原作よりもお子さま向けにしてあったので、原作を先に読んでしまうとちょっと物足りない部分もありますが、本当に原作並みの不幸度で描いてしまうと観てて痛いのも確かなので、あのくらいでちょうどいいのかもしれません。 プロの声優さんを使わないアニメ映画…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

<STAY>を観る。

恵比寿ガーデンシネマで観ました。 チラシだとスリラーだと銘打ってましたが、観ててイライラはしてもドキドキはしなかったので、スリラーというにはちょっと無理があるかと思います。 ユアン・マクレガーやナオミ・ワッツがでてましたが、実験映画を意識してる撮りかたや内容なので、そっちのインパクトのが強くて、俳優さんはダレでもいいような気がし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

<間宮兄弟>を観る。

川崎のチネチッタで観ました。 江國香織原作で、森田芳光監督が映画化しました。 脚本も森田監督が書いたというので、はたしてどうなってしまうのかと思ってましたが、森田監督が好きなら面白いんだろうなってカンジに脚色されてました。 やはり、江國香織の感性と森田監督の感性は全然違うものだから、江國香織の原作そのままの世界観を維持する…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

<ピンクパンサー>を観る

川崎のチネチッタで観ました。 軽くくすぐられる小ネタ満載で、その合間に爆笑ネタがくりだされ、最初から最後までずっと笑いっぱなしでした。 昔の<ピンクパンサー>を覚えていないので比較はできませんが、いまどきの事情もうまく入れてあって、これはこれでありだと思います。 主役ではありませんが、あんなコミカルな演技をするジャン・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

<プロデューサーズ>を観る

試写会です。会場は有楽町のよみうりホール。 階段で待っているときは4列で、入り口はひとりづつだったため、手前で列が詰まってちょっと手間取りました。 ブロードウェイミュージカルの映画化というので、はたしてどこまでミュージカル路線を通せたのかな?と思いつつ観ました。 強烈な個性を放つキャラクター、群舞を使った見せ場、要所要所に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

<イーオン・フラックス>を観る

試写会です。 会場は九段会館。 雨降りましたが結構な盛況ぶりでした。 近未来アクション映画、かな? 元のアニメがあるようですが、この映画だけだと意味がわからない部分があって、もらったチラシで基本設定を補って観ました。 流れるままにストーリーが展開していくので、この映画はどこらへんが見所なのかがわかりづらいです。 あとはキ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

汐留<NYLON>で食べる

汐留にある、ランチ食べ放題のお店です。 汐留カレッタモール地下2階にあります。 狙って行ったのではなくお昼を食べるところを物色していて見つけたお店なので、何時から食べ放題をやっているのかはわからなかったんですが、12時30分すぎに行って7~8人並んでいました。 場所柄かビジネスマンやOLさんぽい人たちが多いようです。 入ってすぐ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

<THE 有頂天ホテル>を観る

品川プリンスシネマで観ました。 いまさらあらすじを語る必要がないくらい、テレビで宣伝してましたね。 よくあんなにだしたなってくらい多い登場人物たちと、その人たち一人一人のバラバラだった行動が、最終的にひとつにまとまってなんとなくイイカンジなラストになったので、やっぱり三谷幸喜はこういう話がうまいんだなあと感心しました。 個…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

<スパイモンキー>を観る

試写会です。 九段下のサイエンスホール。今回は上映前にスペシャルゲスト有り。 天才少女アメリアは自分が発明した新型レーザーのために、悪の科学者ファーレーに誘拐されてしまう。 彼女を救うために元スパイでアメリアの父マイクと相棒のチンパンジーミンキーは、博士の研究所のある日本をめざす。 簡単に言うとこういう話ですが、でもこの映画…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

メガネ作りに妥協は禁物!!

昨今メガネもだいぶ安く作れるようになったようですが、私が作る場合はお安く作れるレベルの視力ではないので、それなりな出費になります。 いま使っているメガネは、当時その店で一番薄く作れる技術でがんばって作ってもらったので、軽くて大変よいメガネです。 が、結構な年数使っているため、フレームの歪みやレンズのキズがこれはちょっとってくらいひど…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

なぜそんなに注意力がないんでしょう。

先日自転車を走らせていたら、脇の私道からでてきた軽トラにぶつかられました。 一方通行の道にでる時、私が走ってきた方向を全然見ていなかったようで、かなりゆっくりなスピードだったとはいえ、ブレーキがいま一歩間に合わなかったようです。 ぶつかったところがスタンド部分中心で体にはぶつからなかったこと、かごに軽い荷物しか載せていなかったの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

<ダイヤモンドインパラダイス>を観る

試写会です。神保町の一ツ橋ホール。 ピアース・ブロスナン主演の、宝石泥棒の映画です。 観てて一昔前のアクション映画ってこんなカンジだったようなと思えてしまうほど、とくに目新しいこともないお約束な展開でした。 この映画の最大の見せ場の豪華客船から宝石を盗み出すシーンは、なんとなくアニメのルパン三世がやってそうなカンジで、全然ハラ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

<ブラザーズ・グリム>を観る

試写会です。渋谷にある東芝エンタテインメント試写室。結構前になってしまいました。 グリム童話を編纂執筆したグリム兄弟の映画ですね。 グリム童話そのものを映画化したのではありませんが、グリム童話自体が結構残酷な内容ですし、グリム兄弟が集めたベースになった話が織り込まれているのなら、この映画にも元々もっていたおどろおどろしさというか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

<コープスブライド>を観る

チャーリーとチョコレート工場と同じティムバートン監督作品ですね。 チャーリー観たときティムバートンらしいなあと思いましたが、こっちを観て、本当のティムバートン全開はこっちだったなと、あらためて思いました。 チャーリーは万人受けする面白さで、コープスは面白い人しか面白くない映画です。 だからコープスは、チャーリーが面白かったから…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

<アラハン>を観る

試写会です。有楽町のよみうりホール。 結構前に観てましたが、うっかりしててこんなに遅くなってしまいました。 アラハンというとまず思い浮かぶのが少林寺、そして頭丸めた人たちがきつい修行をしているってことぐらいでしたが、これはそういうことはしてません。 警察官になるくらいだから、正義感がないわけではないですけど、勇気も根気もそ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

<モンドヴィーノ>を観る

試写会です。会場は千代田区公会堂。 ワインをとりまく現状を、世界中のワインに携わる人たちにインタビューをして、それで作った映画です。 同じようにワインをつくって売っているのに、立場や生活環境が違えば言うことも違う、だから裕福な人も貧困にあえぐ人もでてきます。 映画内で一度しか出てこない人、何度もでてくる人がいたり、イン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

冷凍パイシートむりやりクッキング

お安くなっていたときに買ってあった冷凍パイシート、そろそろ使わないとやばそうなので、家にある材料と組み合わせてお菓子を作ってみました。 適当にやわらかくしたパイシートに三温糖とごまをふりかけ、それを麺棒で気持ち埋め込むつもりで上からごろごろして、食べたい大きさに切って添付の説明書どおりに焼きました。 三温糖なので甘すぎずゴマ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

<ルパン>を観る

川崎のチネチッタで観ました。 ルパン生誕100年を記念して作られたとか。 ストーリーは「カリオストロ伯爵夫人」をベースに「813」と「奇巌城」のいいとこをミックスして1本にしたそうです。 途中ストーリーをはぶきつつも、子ども時代から壮年ルパンまでやったから、結構な長さですね。 今回のメインになる父との葛藤、恋の話、財宝探…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

<マカロニ・ウエスタン 800発の銃弾>をみる

試写会です。九段下にある科学技術館のサイエンスホール。 マカロニ・ウエスタンとなっていますが、西部劇ではありません。 これは映画が最盛期だったころにスタントをしていたじいちゃんが、いまだに夢を忘れられず、スペインにあったテキサス・ハリウッドという撮影所跡で、ほそぼそとウエスタンショーをしているところに、絶縁状態になっていた孫が会…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

<ステルス>を観る

試写会です。新宿の厚生年金会館。 予告編とかチラシでは、新型ステルス機に搭載された人工知能(エディ)が意思を持ち、人類と対決するみたいに書かれてました。 なので、ありがちな結末になるのかなと思ってましたが、途中からどうも違う話に発展していきまして、あれ?って思ってる間になぜかチーフパイロットとエディが一緒になって、北朝鮮と闘って…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more