<モンドヴィーノ>を観る

試写会です。会場は千代田区公会堂。

ワインをとりまく現状を、世界中のワインに携わる人たちにインタビューをして、それで作った映画です。

同じようにワインをつくって売っているのに、立場や生活環境が違えば言うことも違う、だから裕福な人も貧困にあえぐ人もでてきます。

映画内で一度しか出てこない人、何度もでてくる人がいたり、インタビュー中に出てきた名前がファーストネーム・ファミリーネーム・会社名と言ってる人で変わったりもして、とにかくすごくたくさんの地名と人の名前がでてくるので、観ててもうなにがなんだか・・・。
世界地図とワイン業界の相関図がほしかったですよ。

映画自体はとくに起伏もなく、内容的に総論めいた方向にいくわけでもないので、観ててこの映画やろうと思えばいつまででもできるんじゃあと思ったくらい、すごーく淡々としてました。

あまりの淡々さに上映1時間ぐらいで席を立つ人が結構いましたね。
ここまで観たけどつまらないからもういいやってタイプと、せっかくここまで観たんだから最後まで観ようってタイプにわかれたようです。

とりあえずメディアが美味しいとか流行ってるって言ってても、それを鵜呑みにしないでちょっと考えて自分で判断してみようという結論。

今回の千代田区公会堂は上映ホールが上の階にあります。
1階のロビーに並んで開場とともにエレベーターで上がっていくんですが、上に着いたらエレベーターの扉に近い人、列の後ろだった人たちが先に早足で出て受付してしまったので、ちょっとこれはどうかと思います。
並び順に受付するものっていう考えがない身勝手な人もいるわけだから、会場の都合でエレベーターで上に誘導する以上、主催者側にそれなりの配慮をしてほしいと思います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック