広島風お好み焼きと広島風お好み焼き

先日友人達ともんじゃを食べていて、なぜか広島風お好み焼きの話になりました。
都民の私と神奈川の子は、広島風は、薄く焼いたお好み焼きの生地の上にきゃべつ、ねぎ、肉、そば卵などをのせて、そのまた上に生地をのせたサンドイッチ上になったもの説で、岡山の子は具は同じですが、ぱったんととじた半円形のものだと力説。
結局広島風は一つじゃない、地域差があるということで落ち着きましたが、広島県内でははたしてどっちがメジャーなんでしょう?

私は過去東京にある広島から来た広島風お好み焼きのお店で、サンドイッチ上のものを食べたので、こっちが主流だと思うんですけど。どうかな、違うのかな?

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

広島人より
2005年05月13日 10:05
早速ですが、広島風とは丸いものです。半分に折ったりするのは邪道です。というか、広島県内で半分に折ったものなど見たことありません。ま、お持ち帰りのとき長方形のパックを使うところは入らないので半分に切って重ねてくれることはありますが。
半分に折る???お祭りの出店などではあるかもしれませんが、、、とにかく丸いのが普通です。

この記事へのトラックバック