テーマ:読書感想

<とっても不幸な幸運>を読む

<とっても不幸な幸運> 畠中恵著 双葉社刊 昨年双葉社の月刊誌小説推理で連載していたものを、単行本化したものです。 一話ごとのシリーズ連作で、登場人物のメンツはほぼ同じですが、主役は持ち回りで毎回違います。でも毎回開けるとなにかが起こる不思議な缶と、その缶を持ち込まれる<酒場>という名の酒場、探偵役のひねくれものの店長だけは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

<棚の生理学>を読む

新装版 棚の生理学 下村彦四郎著 出版メディアパル刊 名著復刊とうたわれていたので中をめくってみたら、なんと1970年にオリジナル版がでたとなって いたので、そんな昔の本読むのはあまりないので読んでみました。 書かれた方が今年の頭にお亡くなりになったということなので、当時のままの原稿だそうです。 本屋さんの売上を伸ばすた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コミック<ばらいろすみれいろ>を読む

ばらいろすみれいろ あとり硅子著 新書館刊 あとり硅子さんが7月にお亡くなりになっていたのを、このコミックを買って知りました。 帯にラスト・コミックスと書かれていたので、一緒にいた友人に聞いたらそのように言われまして。 雑誌には告知等があったそうですが、私はあまり雑誌チェックをしない人なもので今頃知るはめに・・・。 よろ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

児童書<イップとヤネケ>を読む

<イップとヤネケ> アニー・M・G・シュミット 著 西村由美 訳 岩波書店刊 1952年から新聞連載を開始したこの話はのべ240編ほど書かれ、その中の24編を選んで翻訳されました。 お隣同士の男の子イップと女の子ヤネケの日々の生活がやさしい語り口で描かれており、この話を読むとオランダの子ども達がどういう風に暮らしているのかが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more