なぜそんなに注意力がないんでしょう。

先日自転車を走らせていたら、脇の私道からでてきた軽トラにぶつかられました。
一方通行の道にでる時、私が走ってきた方向を全然見ていなかったようで、かなりゆっくりなスピードだったとはいえ、ブレーキがいま一歩間に合わなかったようです。

ぶつかったところがスタンド部分中心で体にはぶつからなかったこと、かごに軽い荷物しか載せていなかったのでバランスがとりやすかったことと、ちょうど走り始めたばかりでたいしてスピードがでていなかったことなどがよかったらしく、自転車ともに無傷ですみました。
でも自分の自転車が横からすごい力でぐいっと押されたのははっきりとわかりました。
自転車ごと横に倒れずにすんだのは、とても運がよかったと思います。

自転車から飛び降りて車の方をみた私と目が合ったドライバーは、まず「ああ、驚いた」それから
「すいません、大丈夫でしたか?」と車から降りることなく言いました。
いくら私が自分で立っていたからって、驚いたはないと思います。
それにそれ以上私に対してなにもする気がないのがわかる態度だったので、もういやになってとっととそこから去りました。

今日横断歩道を渡っていたら、前方から来た車がすごい勢いで曲がってきて、とっさに2・3歩下がって事なきを得ました。
そこは国道へつながっている道ですが五差路になっていて、国道からこちらへくる一方通行、国道へ行く一方通行なども混じっているため、なれていないとどの道へ進めばいいのかわかりづらいところです。

その車は五差路のちょうどまんなかあたりで一時停止して、それからウィンカーをだして横断歩道のほうに曲がってきました。そのときわたしはすでに半分渡っていたし、いくら小雨が降っているとはいえ見通しはすごくいいです。
私以外にも人通りはありましたから、まずあたりをうかがってから曲がってくるのが普通です。
でもこの車はどう考えても周りを気にしていたとは思えません。
自分の方に車が寄せられて、その車の進路が私とかぶさっていたのがわかったときは、一瞬アクセルとブレーキを踏み間違えたのかと思ったくらいです。

そして私の手前でどうにか停めたドライバーは、何も言わずに私が渡るのを待っています。
中には妻子らしき人たちも乗っているようでした。
私のことをひきかけた自覚がまるでないようでした。
いくら腹が立ったとはいえ、車をけっとばすわけにもいかないので、とりあえず横断歩道を渡りきりましたが、車は何事もなかったようにそのまま行ってしまいました。

道は車のためだけにあるのではないんだから、いい加減にしてほしいと思います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック