<ブラザーズ・グリム>を観る

試写会です。渋谷にある東芝エンタテインメント試写室。結構前になってしまいました。

グリム童話を編纂執筆したグリム兄弟の映画ですね。
グリム童話そのものを映画化したのではありませんが、グリム童話自体が結構残酷な内容ですし、グリム兄弟が集めたベースになった話が織り込まれているのなら、この映画にも元々もっていたおどろおどろしさというか、そういう色合いがでているのかな?と思っていました。
でもそうでもなかったです。
時代がフランス統治下のドイツの頃なので、そういう現実の話もからませてあったせいか、あいまあいまに不思議なことがおきても、どうも興ざめなカンジがして・・・。
魔法なのか超能力なのか微妙なシーンもあったし。
ちょっと期待しすぎたのかもしれません。

これはやっぱりハリウッド色が漂っているのが、敗因ではないかと思います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック